マリオットアソシア
 創業者でもあるその社長にお会いしたのは今年の4月の下旬でした。起業家と表現したほうがピッタリでしょうか 一代で全国150店舗網に広げまだまだ拡大中 吉田栄作司会の「マネーの虎」を思い出しました。大阪の問屋の営業部長のツテで 4月のよく晴れた日 取り巻きを従え来三いただき 物件をわずか5分で即決されました。
 全店を統括される社内ナンバー2の総務部長に一任され およそ1ヶ月・・・
 段々とわかってきたのは物件説明や契約内容とかでなく 不動産屋のお前の行動力を示してみろということでした。つまり「男気」です!
 朝6時の新幹線に飛び乗り到着駅からタクシーを走らせ20分 本社ビルに9時すぎには到着 総務部長「きっと君なら来ると思った。契約書にサインするから広島に帰ったら送ってほしい。」
 関東・関西の企業家とは何かひと味違うセンスを感じた尾張の起業家との商談でした。









会議室