出来立てパンと紅茶 最近 事務所に来られたお客さまから「何かふっくらとしたいい匂いがしますね」と言われました。
 きっと出来立ての自「家」製ではなく自「社」製のパンの香りだと思います。べつに弊社はパンの製造販売を始めた訳ではありませんが、ホームベーカリー(HB)を購入して私が食べるパンを作っているのです。HBの画面の指示通りに(水・砂糖・塩・バター・エッセンス・小麦粉・イースト菌)を入れて、スイッチを押せば2・3時間後には熱々のパンの出来上がりです。HBの指示通りに材料を正確にグラム数を計量して、指示された材料以外の物は投入しなければよいのですが、自分勝手に卵を入れてみたり、大目に牛乳を入れてみたり、ココアを入れてみたり、さらには一番デリケートな発酵の時間にふわふわと膨れる生地をつんつんしてみたりと、好き放題にするものですから、1斤のはずが半斤のデコボコのパンに焼き上がってしまいます。焼き上がり
 ご覧の様に見た目は岩の様ですが、スライスしますと、焼き立てパンのいい香りが広がります。自分自身が作って自分自身が食べているので、すごく満足でお腹も心も充実するところがHBのよいところです。そして、やっぱりパン職人さん、プロの方は凄いと思わずにはいられません。 
 そろそろ夕方から夜の時間に入っていく午後7時ごろです。くるみ・レーズン・チョコレート・チーズ・・・何を入れよか楽しみな時間です。そして今日も午前様の書類作成です。